【アラサー女子】夢を追って、私、◯◯家になります!!

f:id:mogupuchi_home:20180729002350j:plain

 

こんにちは!筆者のもぐた(@mogupuchi_home)です!

 

最近ブログやTwitterにて『夢』『目標』って言い続けて来ましたが、遂に見つけたのです!私の夢!!

 

私は2019年3月をもってフリーランスを辞めます。

 

そして新たな道『治療家』になります。

そのために2019年4月から『鍼灸師』になるための学校に通います!

 

\ アラサー専門学生、やったるでー!! /

 

フリーランスとして大型案件も取れている中、なぜこのような答えを導いたのか?

 

また、この記事を読むと「もぐた」という人物像がかなり分かる内容=超大作になっております!爆(読みたくない項目は目次でチャチャッと飛んでね!笑

 

 

治療家へ一目惚れ

私が『鍼灸師』『治療家』を目指したいと思った一番の理由。

それは、カラダのよろず屋・にへーさんへの出会いでした!爆

 

会った瞬間というより、知れば知るほど凄い人だなって圧倒されてしまって。

彼の背景に武術があること、魔術のように思えるくらい凄技の治療技術、圧倒的に豊富な知識量、スーパー努力家などなど、惚れた点について話せば長いです。笑

 

mediceneman.com

 

実は私は昔から体の不調があって東洋医学鍼灸治療にだいぶお世話になっており、そこでお会いした先生たちも凄腕の持ち主で。

 

元々、虚弱体質なので治療や体のメンテナンスは鍼灸師の先生や、ほねつぎのおじいちゃん先生にお願いしていました。むしろ通ってないと正常に生きられないんです。

 

アレルギー、寝たきりになる可能性がある腰痛&ぎっくり腰、自律神経の弱さ、ホルモンバランスの悪さ、不眠症……。自分の体を知れば知るほど恐怖でした。

 

その恐怖を取り除くお手伝いをしてくれているのが、鍼灸師の先生方。

 

9割の生活が自己負担で行なっている。健康になるのも、不健康になるのも、自分で選んだ選択で9割の生活で成り立っている。

ならば普段からどの位、体に気を払うべきか?食事?運動?ストレス解消?

そういう着目点をくれたのも鍼灸師の先生方でした。

 

 

憧れの人、にへーさんも同じような見解をしています。

 

 

 

なりたいけど、なれないよね。

なりたいけど、自由がないよね。

(初めて鍼灸師になりたいと思った時は、元パートナーとの生活の真っ只中でした)

 

 

 

にへーさんに出会う前はそう言い聞かせて頭から排除し続けて来たのですが、彼がトリガーを引いてくれた。

私もなんだかんだ空手の世界に10年も身を置いていたので、武術を学んで来た人の礼儀正しさはとても理解しています。

(武道に携わった全ての人がそうではありません。)

 

フリーランスは「フリーランスは皆平等!タメ口でいこう!!」みたいな風習があります。しかしその中でもにへーさんは違った。私はそういった彼の何気ない仕草、立ち振る舞い、礼儀正しさにも惚れ込んでしまったのです。爆

 

あの人みたいになりたい。私は彼のように生きたかったんじゃないの?」と。バキューンっと。笑

 

▼私の一目惚れ&憧れの人・カラダのよろず屋/にへーさんlinktr.ee

 

 

自信をつけるために、やりたいことをやる

先日公開しましたこちらの記事にて、【怒りの原因:圧倒的な自信のなさ】と書きました。

 

私が常々、器の小ささ・器量のなさ・余裕のなさを出してしまうのは、外面が強そうに見えるクセに、中身は自信なくヘッポコな毎日生きているからです。

 

自分で自分を褒めることもとても苦手で、元パートナーにはたくさん勇気と自信をもらっていました。それも毎日毎日「もぐたは大丈夫!できるよ!」、そうやってカラッカラになった心にエネルギーチャージをしてくれていました。

更にいうと、自分が『自信がない人』としっかり自覚できるのは、『自信があった頃』を自分でよく知っているからでもあります。

 

10年前の私は自信に溢れていた。一切の迷いもなかった。

その自分が誇らしく、大好きで、忘れられず、「あの熱意よ、再び……!!」と思い続けていました。

 

だからこそ色んなことへチャレンジした。その数&投資額は数え切れません。

 

 

思い出しただけでもこれだけやってきました。笑

 

それでも、違う。こんなもんじゃない。

またチャレンジして、これも違う。あれも違う。

 

こうして器用貧乏が出来上がったんですけど。笑

 

私は自分が『本気』になった時の熱量を一番よく理解している。

だからこそ、もがき続けて彷徨い続けて。

 

”向いてる”より、”好き”を探すのを止めなかった10年間

f:id:mogupuchi_home:20180729002632j:plain

 

私が10年前に失った、最も熱量が高くやる気があったものはバンドです。

 

そんなん誰がどう考えたって夢じゃん?青春時代の淡い思い出じゃん?

 

そうなんです。でも私だけが他のバンドメンバーと比べて違ったもの。

それはバンドにしか居場所がなかった。あの当時の私。

 

私は思春期辺り、実家が家庭崩壊(父・浮気なう、母・うつ病なう、姉・帰ってこないなう)だった為、酷く荒れていました。

髪の毛は金髪、夜は帰らない、家族に対して顔を合わせたくないという頃。

引用元:【DV/暴力】治したいと本気で検討する人へ、暴力で全てを失った私が徹底解説します - LGBTでも発信したい!

 

この通り、実家は家庭崩壊。母がうつ病で165㎝/39kgまで体重が落ちてしまい末期状態だったのは、正しく私がバンド活動をしていた頃。私は15歳〜20歳でした。

 

13歳から独学でギターを弾いて、18歳で独学で作曲ができて、それを披露するステージもお客さんもいた。

 

私にとって、これだけが生き甲斐でした。

 

将来?どうでもいい。このバンドができれば。

 

とはいえメンバーも大人になり考え方や将来を検討した時、バンドは解散。

 

そこからもぬけの殻になってしまったんですよね。

何をやってもバンドの時の熱量が出ない。やってやろう感が出ない。

 

どうして人と同じこと(普通に働く)ができないの?悔しいし、恥ずかしいし、バカだな……。

 

私はバンドマン時代の熱量を探し続けて、10年間も世の中を彷徨ってしまったんです。

 

前途の通り、”好き”になれるかもしれないと思ったことへ全部チャレンジしてきました。ありとあらゆる自分の興味に忠実に従ってきました。それでも毎度毎度、自分に満足できずに挫けたり、失敗したり。それが続いてとうとう三十路になっちゃって。

 

それでも私は”向いてる”ことではなく、”好き”を探し続けた。

 

その期間、10年。

 

長かった。めちゃくちゃ長かった。

悔しかったし、認められたかったし、生き生きと過ごしたかったし、みんなと同じように生きてみたかった。

 

それでも10年かけて掴んだ、鍼灸師・治療家へなりたい熱量。

人生で2回も見つけることができた、やりたいこと。

 

逃すわけにはいきません。

とはいえ、探し続けることは苦しすぎるので全くオススメしませんけどね。笑

 

 

稼ぐに向かず、人への貢献度へ

note.mu

 

私は稼ぐことに執着していません。しかしお金は必要です。それは元パートナーとの別れの要因の一つでもあった『働く』『お金』なので、しっかり理解しました。いや、理解させました。

 

ただ、私はお金<心の充実を選びます。絶対的に。今でも。

 

父が莫大なお金を持っていても幸せではないように、お金で解決できる幸せには限度があります。

 

それでいて不安定な家庭で育ったからこそ、私は愛情や心の充実を欲っしているし与える存在でありたいと思う。

 

その結果がことごとくストレングスファインダーにも出てしまったいるんですけど。爆

 

 

 

私が常々思っていたこと、それは

代えが効く仕事はやりたくない。私限定、私にしかできないことを。

 

私が親族に献身的になるのは、私しかできないことだと感じている責任感からでした。

恋愛体質であることも、私にしかできない限定的なことだからでしょう。

 

昔、総務部部長をやっていた時もどれが仕事のやり甲斐だったかと言えば、私にしか務まらない責任でした。

 

私はどうしても責任感や私限定を優先してしまう。

 

しかし、働けば”誰か”に貢献していることになる。それではダメだったのは、なぜ?それでは満足できなかったのは、なぜ?

 

私は「ありがとう」と言いたいし、言われたい

仕事とは何か?と質問された時、この答えは人それぞれ多岐にわたると思います。

 

私が仕事をする時に、大切にしている3要素がこちら。

 

  • 責任感
    =自分の失敗は自分に返ってきてほしい。上司や先輩が代わりに謝る構図が嫌い。私の責任は私が取りたい。

  • 生=リアルタイムで人の反応が見れる
    =料理人をしていてとても達成感に満ち溢れた気持ちになったのは、目の前で食べているお客さんが嬉しそうに「美味しいね!」と言ってくれている姿でした。

  • 人として”やってはならない”ことを絶対にしない信念
    =お金が生まれる時とは、影に隠れた誰かの犠牲によって生まれている利益がある業種もあります。私はそれが絶対にできない。私はそんなことで得る利益なんて、クソ喰らえってタイプ。

 

器用貧乏のクセに、まじで生きるの下手なタイプ。爆

 

たまにはブレてしまえよ?たまには心の悪魔登場させなよ?

と自分でも思いますが、これがなかなかできないんですよねー。泣

 

私はこういうことで道を外すことができない。

だからこそ、人との密接な触れ合いを重視したいと考えました。

 

生の反応を見続けたい

この気持ちはバンドでも料理の世界でも治療の世界でも通ずる、一番の原動力に感じます。

 

夢の後押しをした、これまでの自己分析

www.lgbtjp.com

 

  1. 共感性
  2. 責任感
  3. 運命思考
  4. 信念
  5. 回復志向

 

鍼灸師、凄くいいと思う。

共感性で患者さんの痛みを良く聞いて、患者さんの身になれる。

責任感で健康にしてあげようとする、信念と回復志向があるから”治す”という目標を達成する為の行動ができる。

8位の収集心で新しい情報を収集して成長することができる。

(Meeeラボ第1期生/田舎フリーランス養成講座・金谷15期/みぞブロ運営みゆきさん)

 

自分でも納得……。

責任感・回復志向を上位に持ち合わせているのなら、絶対に治療・医療関係に向いていると。笑

  

www.lgbtjp.com

実はこの時、私は相性占いが本命ではなくメインで占ってもらったものが、『鍼灸師』『治療家』へ向いているかどうか?でした。

 

そりゃ、もちろん、ちょー向いてたんですけど!!!(自慢気

 

私は火・丙=太陽。

総合的に見てどの導きで出た結果か分かりませんが、肌に触れると良いという結果があり、『火・丙×肌=お灸』がとてもベストだと。

更に来年から大殺界?みたいなものに入るらしく、それもそれで生まれ変わる程の大殺界と。

俗に大殺界と言われれば、私たちは「ひょえ〜〜〜!」とひるんでしまうのが一般的ですが、大殺界中に何もできないワケではありません。

 

一番向いていることは、勉強や力を蓄えること。

 

私が学校に通い始める2019年から大殺界に入るらしいので、勉強するにはもってこいの期間になるようです。

 

 

自己理解と言いつつ、他者に助言を貰うということにも重きを置いています。

だから占いが好きだったり、ストレングスファインダーの解析をみゆきさんにお願いしたり、自分コンパスの記事漁っていたり……。徹底的に自己理解しないと気が済まない。

 

 

その背景には、やはり三十路・アラサーど真ん中という年齢の壁や、自信がなく踏み出す一歩に躊躇をしていたからだなぁ、と感じます。 

 

 

”夢”を居場所にするために

私にはたくさんの友人がいます。LGBT、FtX、ありのままの自分を大好きだと言ってくれます。

 

しかし、家族はいません。いるけど、いないようなもの。

 

私は両親に対して、頼りたくても頼れません。心の拠り所にすることができません。

両親はいつでも自分たち夫婦の不仲のことで頭いっぱい。いつだって盲目的に傷付け合うことしか考えていないので、私はアウトオブ眼中(死語。

私がどんな精神状態でいようとも、私に全力でもたれてくる。

 

 

元パートナーが出て行ってしまってから、それが加速するばかりで。

 

今の私なんて、自力で立つことが精一杯。それすら怪しい。

そんな私にもたれてくる両親なんて、ほんと御免なんです。

 

だからこそ、私にとって”夢”の価値は大きい。人と違って、重い。

 

私が私らしく、誇らしく、自信を持って歩んでいけるように。

逆に、それしか生きていく道がないのです。

 

幼き頃からあった両親との確執、心の形成に一番重要だった青年期に放任されていたこと、母の看病で私も参ってしまったこと。

いつでも自分のことより両親や他人のことを考えなければならなかった半生。

 

ならば、それを仕事にする。そういう人間なんだもの。

 

それでも自分を好きになりたい。自分を好きでいたい。

 

どんな自分が好きと言われたら、にへーさんのように生きて行く自分が好きだし憧れます。

私が私がなりたい姿で居続けられるよう、私が私を好きで居られる時間がグッと長くなるように。 

 

『治療家』『鍼灸師』に私はなるっ!

 

 

▼”夢”のおかげで変わった行動がたくさんあったのでご紹介 

 

 

 

 

 

 

 

夢を見つけた途端、こんなにも変えられる自分の状態って最高じゃないですか?

”夢”が後押ししてくれる圧倒的な原動力に、私はずっと前から魅了されていたので、翻弄されて動き回るのは、もー、本望。最高。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたー!!

 

 

------------------------------------------------------------

▼もぐた Twitterアカウント▼

 

------------------------------------------------------------

▼もぐた インスタグラム▼

Instagram

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村