【八面玲瓏】結成20年を越えたBRAHMANの新境地・初の日本武道館Liveへ行きました

f:id:mogupuchi_home:20180210232733j:plain

 

こんにちは!

ようこそ「尻に敷かれるLGBTの世界」へ。筆者のもぐた(@mogupuchi_home)です!

 

 

何を隠そう私のバンド人生のスタートを飾り、レベルミュージックやインディーズ音楽に私を引き込んだのは、BRAHMANという存在でした。

 

存在感、サウンド、インパクト、全てが当時15歳だった私には新鮮で、夢中になることに理由なんていらない……そんなスピードで熱烈なファンになっていました。

 

私が組んでいたバンドが解散したり、大人の階段を登るにつれライブへ足を運ぶことが少なくなったけど、未だ私の真髄にはBRAHMANがある

 

それは組んでいたバンドの思い出と共に青春を彩る1ページどころじゃない、大きな大きなもの。

 

www.youtube.com

 

怒り、反逆、反抗……

最初はそんな風に写っていたBRAHMANだった。

 

しかし2011年東日本大震災があり、BRAHMANの姿も変わった。

 

www.youtube.com

 

優しさ、守る力、想う気持ち、後悔しない行動……

“怒”の感情だけが圧倒するステージだった彼らの姿は、どこか優しく穏やかに変わった。

 

どれだけ見て来ても足りない、表情の豊かさにまだまだ魅了されている。

 

そして来たる2018年2月7日Newアルバム「梵唄-bonbai-」を発売、2月9日「八面玲瓏」in武道館が行われました。

 

▼「梵唄-bonbai」発売スペシャルサイトbrahman.site 

 

▼初・武道館ライブ「八面玲瓏」スペシャルサイトbrahman.site

 

一緒に行ったのは、なんと母

f:id:mogupuchi_home:20180210231839j:plain

 

武道館ライブの開催が決まった時、一番に連絡したのは初めてBRAHMANを教えてくれたきょーこでした。

 

そしてもちろん「一緒に行こう!」となり、きょーこがチケットの予約をしてくれるなど着々と準備をしてきました。

 

しかし!

なんと前日、家族の体調が悪くなってしまいキャンセルすることに…… 

 

 

 

悔しいしか言葉に表せないだろうきょーこでしたが、なくなくチケットの譲り先を私に尋ねてくれました。

この日、実家で夕食をいただいていたので隣にいた母に

 

急だけど、明日BRAHMANの武道館ライブ行かない?

 

と質問すると、二つ返事でOK!

 

そう、

私の母(56歳)も歴としたBRAHMANファンなのだwwww

 

それは私が若い頃、きょーこたちと組んでいたバンドでBRAHMANのコピーを散々やって来てたのを見てくれてたからで、母自身もBRAHMANを聴き込んでは一緒に彼らの世界観にのめり込んでくれたのです。

 

BRAHMANのライブへ行ったことある人なら間違いなくわかると思うけど、身の危険を感じる危ない場面もあるし、熱気が凄すぎて過酷な環境になることもしばしばあります。

だからこそ今回のように“指定席”があるライブやコンサートでないと、母を連れては行けないとずっと思っていたのです。

 

今回取れたチケットの券種が“2F指定席”だったので、

それなら母も誘ってあげれば良かったなぁ〜」って思うほどでした。

 

きょーこは本当残念だったし、一緒に行ったらアラサーを忘れてはちゃめちゃに騒いだだろうなぁ……楽しすぎて現実に戻れないくらいだろうなぁ……って妄想がぐんぐん膨らむけど、巡り巡ってやってきた今回のチャンスは母への良いプレゼントになった。きょーこありがとう!

 

席はスタンド指定席2F “超”  

f:id:mogupuchi_home:20180210203528j:plain

私たちの席は、ギターのKOHKI側斜め前くらいの位置。

写真よりも近く感じられる距離感だったので、大興奮。

 

www.youtube.com

 

そして開幕……。

 

セットリスト

  1. THE ONLY WAY
  2. 雷同
  3. 賽の河原
  4. BASIS
  5. SEE OFF
  6. BEYOND THE MOUNTAIN
  7. DEEP
  8. Speculation
  9. 其限
  10. 怒涛の彼方(w.NARGO北原雅彦GAMO谷中敦 from東京スカパラダイスオーケストラ)
  11. AFTER-SENSATION
  12. 終夜
  13. ナミノウタゲ (w.ハナレグミ)
  14. A WHITE DEEP MORNING
  15. 守破離 (w.KO fromSLANG)
  16. ラストダンス (w.ILL-BOSSTINO fromTHE BLUE HERB)
  17. 不倶戴天
  18. ARRIVAL TIME
  19. ANSWER FOR…
  20. 警醒
  21. 今夜 (w.細美武士)
  22. 満月の夕 (w.うつみようこ中川敬山口洋)
  23. 鼎の問
  24. FOR ONE’S LIFE
  25. 真善美

引用元:BRAHMAN「八面玲瓏」日本武道館 セトリ | やわろっく

 

感想

f:id:mogupuchi_home:20180210232932j:plain

 

暗転と共に大音量のSEが流れ、1Fにはそれぞれのブロックから見える位置にある大きなモニターに、そして2F席付近の天井に映像が流れる。

 

これでも何百本とライブ参戦を果たして来た私ですが、BRAHMANのSEとオープニングだけは他のアーティストでは見たことのない演出に毎度歓喜する。

それでも今回は格別だった。こだわりが反映された演出・映像日本武道館という大舞台の天井を写すBRAHMAN一色の世界観、久しぶりに聴く懐かしいSE、そして早く見たい!会いたい!聴きたい!!と興奮と共に自然と涙がこぼれました。

 

ステージにメンバー全員が揃うとスピード感溢れる曲の連投で、1Fではたくさんのモッシュ&ダイブが起こり、2Fでは席から身を投げそうになりながら曲に乗っている人たちが渦巻いていました。

 

たくさんのゲストを招いたそれぞれの曲では、Toshi-Lowさんの顔に笑顔がこぼれたり、怒りと勢いのあるパフォーマンスになったり、ゲスト紹介ではクスッと笑ってしまう面白いお話もあったりと、喜怒哀楽では表現しきれないほど感情の起伏がありました。

 

俺の親友、細美武士

 

この紹介だけは他のアーティストと違った、LikeじゃないLoveに近い感情がポロっと出てたり。笑

 

名言が残るMCでは「ご来場ありがとうございます!」と深々と頭をさげるToshi-Lowさん。

続けて「ここに立てばわかる。これを言いたくなる。」と。

 

会場に来てくれたたくさんのお客さんを目の前に感謝の気持ちを包み隠さず言うのだって、今のBRAHMANの形。

そしてお得意の冗談混じりで会場を和ませ、打って変わってメッセージ性のある力強い言葉で会場を沸かせる。

 

そんな姿がなんだか心地良いって感覚。

それは私が神のように崇めるBRAHMANだからこそ「この人たちも人間なんだな」って思える一面を覗けるのが、心地良い。

 

“怒”だけが溢れるステージも大好きだったけど、愛があり色んな形に移り変わる表情のあるBRAHMANも大好きだなって。

 

間違いなくBRAHMANにとって今回のライブは、記念すべき日になったでしょう。きっと死ぬまで覚えているでしょう。

 

でもお客さんの私たちだって同じです。

今回の記念すべきライブに行けたこと、あそこに自分がいたこと、BRAHMANの圧倒的パワーを感じながらあっという間の2時間だったこと、一生忘れません。

 

ありがとうございました。

 

そしてまたライブ、行きます。

 

▼ライブ定番曲「DEEP」「BOX」「ARRIVAL TIME」を含む2001年発売の色褪せない名盤 

▼攻めのライブ定番曲を多く含む、“哀”を表現するに相応しい名盤 

▼頭に残るBRAHMANらしいサウンドとメロディーが特徴的な名盤 

▼「grope our way」「A MAN OF WORLD」 を再録したBRAHMANといえばまずコレ!

東日本大震災が起こり、今までと違う表情を出す革命が起こったBRAHMANの代表作 

▼予習復習は20周年記念LIVE『尽未来際』のライブDVDが間違いない!

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございましたー!!

 

 

------------------------------------------------------------

▼もぐぷち夫婦 Twitterアカウント▼

 

------------------------------------------------------------

▼もぐぷち夫婦 インスタグラム▼

Instagram

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村

 

 

 

data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"