【スノーボード】高性能のウェア選び〜5年先も使えるウェアとは!?選ぶコツとオススメのブランド〜

f:id:mogupuchi_home:20180121130508j:plain

 

こんにちは!

ようこそ「尻に敷かれるLGBTの世界」へ。筆者のもぐた(@mogupuchi_home)です!

 

 

今年はスノーボード用品をどんどん新調しているもぐたです!!嫁様に感謝です!!!

私の装備が完成するまで、残すところウェアのみとなりました!

 

今回はスノーボード歴5年以上なのに、まだウェア買ってないの?と散々言われ続けた私が一念発起して購入に至った、納得のウェアをご紹介します!!

 

 

 

 

 

流行りに惑わされないウェア選び

若い頃ならわかります。毎年〜2、3年おきにカッコイイウェアを新調したい気持ちわかりますよ!!

スノーボードというスポーツのファッション性はかなり大きいですし!

 

 

しかし!!!

三十路の私にとっては、流行りもクソもない!!!笑

どちらかといえば、毎年着てもブレずにカッコよくあり続けられる渋いウェアがいいわけ。笑

 

とはいえ、スノーボードでは防水性・防風性・通気性など色んな要素が必要になります。

その全てを叶える渋いウェア、ありました!!

 

▶︎それがこちら

f:id:mogupuchi_home:20180121115454p:plain撮影:GoPro HERO5動画中のスクリーンショット

 

アウトドア製品で有名なmont-bell(モンベル)のストームパーカ

 

 

こんな感じで、全力雪遊びしたって全然ヘッチャラなこのウェア!

 

ではなぜモンベル?なぜこのウェア?をチョイスしたのか、ご説明しましょう。

 

 

なぜ、モンベルなのか!?

基本的な前置きとしてスノーボード用品うんぬん以前の話ですが、アウトドアや登山グッズが売っているブランドの商品はかなりパフォーマンスが良いです。

 

例えば、アンダーウェアでもユニ◯ロのヒート◯ックを1,000円前後で買い足して行くなら、登山グッズのアンダーウェアを一枚買ったほうが圧倒的に暖かく、耐久性が良いので持ちが良いです。

 

そして冬登山用に作られているグッズなんかは、最悪のケース”死”に至る可能性がある冬登山の身を守るための重要なアイテムとして精密に作られているので、非常に性能が高いです。

 

いつも一緒に行く運転手さんでありバンドメンバーである30代男性は、キャンプ・アウトドア・登山・冬登山・スノーボードとアクティブな人なので、その彼に聞いて選びました!

 

30代アクティブ過ぎる男性山・登山用品系でもっともコスパが良いのは、モンベル!!

 

と聞いて、モンベルに決定しました!

確かに他のアウトドア製品のブランドと比べると、同じような性能の商品でもモンベルの方が5,000円〜10,000円は安い!!

 

良い製品であるのにも関わらず、リーズナブルな価格設定というのは非常に嬉しいですよね!

 

 

ストームパーカにした理由

保温材入りのウェアの中で一番安かったから!!!笑

 

▶︎オンラインショップにて「ハードシェル」→「ジャケット(保温材入り)」→「価格安」での検索結果がこちら

f:id:mogupuchi_home:20180121120940p:plain

 

とはいえ、性能はバッチリですよ!

 

モンベル独自の「ドライテック」素材を使用しているモンベルのストームパーカ。

雪山に必要なあらゆる性能でGore-Texの次とも言われるモンベルの「ドライテック」ですから、信憑性が高いですよね〜!

 

防水性の目安

耐水圧5,000mm以上が最低限ライン
耐水圧10,000mm以上が推奨ライン
耐水圧20,000mm以上が盤石ライン

<有名素材>
ゴアテックス: 45,000mm
モンベルのドライテック: 20,000mm
Phenix使用の東レのDerzamix: 20,000mm
Mountain HardwearのDryQ:不明
コロンビアのOMNI-TECH:不明
ゴールドウィンのMOTRANS:不明
North FaceのHyvent:不明

透湿性の目安

5000g以上が推奨ライン
8,000g以上が盤石ライン

<有名素材>
ゴアテックス: 13,500g
モンベルのドライテック: 20,000g
Phenix使用の東レのDerzamix: 20,000g(2layer)
Mountain HardwearのDryQ:不明
コロンビアのOMNI-TECH:不明
ゴールドウィンのMOTRANS:不明
North FaceのHyvent:不明

引用元:スキー・スノーボードウェアの選び方2:アウター(ジャケットとパンツ)編 – 新幹線でスキー&スノボ

 

 

f:id:mogupuchi_home:20180120194214j:plain

 

ちなみにウェア購入条件としてGore-Texを挙げる人も多いですが、それはそれなりのデメリットがあります。

Gore-Texの商品は、着心地が硬いんです。撥水性や防水性が高い分、素材がしっかりし過ぎてて、どうしても女性なんかは「硬い」と感じやすいと思います。

ちなみにアラサー女子・筋肉量40Kgの私が試着しても「硬いなぁ」という印象だったので、世の女性には硬いという感覚、あると思いますよ(笑)

 

あとはGore-Texにこだわるとやはり高値になります。リーズナブルなモンベルでさえ、30,000円台でした。

 

ストームパーカのそれ以外の主な特徴はこちら!

f:id:mogupuchi_home:20180120194831j:plain

 

私は安全に滑りたいので、ヘルメットを着用するのでヘルメットの上からかぶれるフードはありがたいですね!!

フードをかぶる=雪が降っていて空は曇っている”という状況が想定できるので、頭が濡れなくて良い上に、全面覆ってくれると暖かい!

 

 

モンベルのストームパーカを買って良かった点

とにかく軽い!!

重たいウェアだと肩こりの原因になるので、重たいウェアはなるべく避けた方が良いですね〜。

(嫁・ぷちが着用しているウェアは、デザインは気に入っているのにとても重たく動きにくいという理由で、買い換えたいと言っています。そのくらいウェアが重たいのは致命的です。)

 

トリックなどで上半身まで使うようになると、さらにウェアの軽さは重要になります。

”重たい=動きにくい”にも関連してくるので、絶対的に軽さは追求すべきポイントですね!

 

ちなみに、軽いだけでいろんな場面を手助けしてくれます!

例えば、泊まりがけでスノーボードに行く時なんかは、ウェアを宿まで運んだりするので、そういう時地味に重いんですよwwww

それだけじゃなく、板もブーツも全部重たいのにウェアくらい軽くても良いよねwwwww

 

 

f:id:mogupuchi_home:20180121125352j:plain

動きに合わせて柔軟に包み込んでくれる

前のウェアだと、ブーツを履く時にゴワゴワしてすごいストレスだったんですよね。それがストームパーカにしたら無くなった!

上達すればするほど上半身の動きも多くなるスノーボードなので、動きやすく柔軟性に優れているものを選ぶと、買い換えずに済む一つのポイントになるでしょう。

 

バイクでも感じない高性能の防風性

購入した時にバイクで買い物に行ったのですが、荷物が大き過ぎて邪魔でバイクの運転ができなそうだったので、買ってすぐ着て帰りましたwwww

 

バイクは運転中・体感気温マイナス10℃とも言われますが、1月上旬にこれを着て走行しても全く風を感じませんでした!

ちなみに私のバイクは250㏄のHONDA・フュージョンなので、速度もそれなりに出ますがそれでも大丈夫でした!!!!

 

f:id:mogupuchi_home:20180121115556p:plain撮影:GoPro HERO5動画中のスクリーンショット

 

モンベルで選ぶときの難点

とにかく色の種類が微妙……

今回私が購入したのは、黒ベース × オレンジ線のストームパーカでしたが、モンベルの配色は正直微妙です。

私は元々の希望で上半身・黒のウェアを探していたので、黒 × オレンジの組み合わせが気に入ったし、 ヘルメットやパンツにも合ってて気に入ってます。

 

しかし黒以外の色は、ちょっと「カッコイイ!」と言える配色ではないですね。

アウトドア用に目立つことが重視されているような色が多いので、好きな配色であるかどうか?が一番のポイントになりますね。

 

ウェアだけじゃない!モンベルで買うべきオススメ商品

速乾性に優れ、保温力抜群のアンダーウェア「ジオライン」

 

▶︎上半身・男性用

▶︎上半身・女性用

▶︎下半身・男性用

▶︎下半身・女性用

スノーボーダーにとって、アンダーウェアは非常に大切ですよね!

私がオススメするのは、モンベルのジオライン中厚手(M.W)シリーズ

 

滑っている最中は、汗をかいたとしても通気性に優れており暑くなり過ぎず、ヒヤッとすることもない。

それでいてリフトに乗っている凍えそうな時には「暖か〜い♪」と感じさせてくれる大事な大事な役割です。

スノーボード用として購入した結果、あらゆるプライベートシーンでも活躍が見込めるアンダーウェアなので、購入して損はないですよ〜!

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

関東住みのスノーボーダーとして、年間4ヶ月ほどのスノーボードで数万円をかけるのは非常にもったいないと感じていた筆者でした。

特にウェアは流行りすたりがあるので、ダサいのは嫌だけど毎年それにお金をかけることに疑問を持つ人も少なくないでしょう。

 

そんな方にはできれば長持ちする、5年後10年後の先々にも着られる、着回しによってはプライベートでも着られる(私の場合は冬場のバイクのアウターに!)ウェアをチョイスしました!

 

万能である以上、どんな場面にも適応してくれるウェアなので、これからもこの製品と冬を楽しもうと思います!!!

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございましたー!!

 

 

------------------------------------------------------------

▼もぐぷち夫婦 Twitterアカウント▼

 

------------------------------------------------------------

▼もぐぷち夫婦 インスタグラム▼

Instagram

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村

 

 

 

data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"