/*「詳細設定」->「headに要素を追加」にコピー*/

【LGBTインタビュー】札幌市・同性パートナーシップ宣誓制度 〜市役所に伺ってみました〜

f:id:mogupuchi_home:20170916155313j:plain

 

こんにちは!

ようこそ「尻に敷かれるLGBTの世界へ」。

筆者のもぐたです。

 

 

 

 

 

2017年6月1日付で

札幌市が同性パートナーシップ宣誓制度を導入しました!

遠く離れた関東でこのニュースを見た時、歓喜した私たちでしたが、実際に歓喜できるものなのか、2017年夏の札幌滞在中に市役所へお伺いし質問してみることにしました。

 

 

まず利用者が少ないパートナーシップ制度の現状

LGBT当事者として、前々からブログで意見を言っておりますが、この制度が中途半端すぎる。そして法的効力が一切ない。

 

巷の噂では「現状のパートナーシップ制度、全然使えねーよっ、ケッ・・・」と言われてるこの制度。

 

 

巷の噂が本当なのか?

 

それとも本当はちゃんとしてるのか?

 

 

確かめる為、いざ札幌市役所へれっつごー!!!

 

 

 

 

札幌市・パートナーシップ宣誓制度

▼札幌市 HP

www.city.sapporo.jp

 

概要

性的マイノリティの方の気持ちを受けとめる取組として、お二人が互いを人生のパートナーとして、日常生活において相互に協力し合うことを約束した関係であることなどを札幌市長に対して宣誓をする制度です。お二人の宣誓に基づき、宣誓書の写しと市長名の宣誓書の受領証を交付します。

引用元:

札幌市パートナーシップ宣誓制度/札幌市

 

 

 

訪問の際は事前予約

今回訪問するにあたり、まず最初に訪問予定日の前日に電話で問い合わせしてみました。

想定内ではありましたが、やはり担当者は男性2名と少なめで日付+時間指定をした上で訪問可能ということでした。

 

私たちも予定していた日程を告げ、スムーズに予約が完了になりました。

 

 

 

訪問先・札幌市役所本庁舎13階 札幌市市民文化局男女共同参画男女共同参画

f:id:mogupuchi_home:20170916230318j:plain

札幌市役所本庁舎には併設された駐車場がありますので、そちらをご利用になられると便利です。

但し、混んでて並ぶこともありますので時間に余裕を持って行った方が良いかと思います。

 

 

建物に到着したら、高速エレベーターにて13階へ上がります。

 

エレベーターを降りると案内地図があるので、そちらに従って男女共同参画室へ向かいます。

 

 

皆さんが想像する役所の作りそのもので、各部署の入口に扉はなく目の前で会議をされている職員さんに名前を告げると担当者がお出迎えに来てくれました。

 

 

「どうぞ、お入りください」

 

と案内されたのが、パーテーションで仕切られただけの簡易的な部屋。もちろん天井は筒抜けで開いてるし、扉らしきものはアコーディオンでした。

中には4人用の会議テーブルと椅子が4つ。

 

担当者の方と私たちが着席し、扉を閉めない状態で質問スタートしました。

(特に申し出なかったのでこの対応だったのかもしれませんが、1メートル先では先ほど入室の際に会った方々が会議を続行していた為、会話は筒抜け状態でした。)

 

 

 

市役所職員にインタビュー

f:id:mogupuchi_home:20170916230449j:plain

近い将来札幌市に移住を考えてる身として聞きたいことは山ほどありました。

 

世間のLGBT関連のニュースを見ていて「パートナーシップ制度」についておおよその知識はあったのでそれも踏まえて市役所職員に質問攻めしてやる!

 

とは思ってたものの、市役所職員から誘導されることもなく名乗られてからはこちらが質問しないと特に何か案内があるわけでもなかった。

 

 

 

Q1、申請に必要な日数はどのくらい?

 

必要な書類が漏れなく揃っていれば即日できます。

 

ただ、日程の予約は必要になりますので事前にご連絡いただいてからでないと、対応できないです。

 

必要な書類はHPを見て頂ければわかるようになってます。

ただ戸籍謄本だったり、自治体によりますが独身証明書というものも提出して頂くのですが、本籍地での発行になりますのでご遠方の方などはお気をつけていただきたいです。

 

その書類が間に合わず、申請日を遅らせて欲しいと申し出る方も少なくないので・・・。

 

 

Q2、証明書提示して効力がある機関は?

 

民間企業様の取り組みの1つとして行なって頂いてる状況ですので、その民間企業様次第となります。

 

札幌市としましては、パートナーシップ宣誓制度の証明書を提示していただくことで、賃貸契約の大家さんですとか、病院の窓口ですとか、そういった場面においてお二人の関係性を簡単に説明できるのではないか?と考えています。

 

病院では面会の際、どういったご関係なのか?と聞かれる場合もあるかと思うんです。そういった時にご提示頂ければスムーズなのではないかと。

 

あとは入院される時などに、保証人を立てる必要がありますよね?そういった時に多少なりとも役立つと思います。

 

 

Q3、絶対的効力ということではないんでしょうか?

 

そうですね。どうしても民間企業様のご意向次第という形になってしまいます。

 

 

Q4、例えば「二人入居ルームシェア不可」みたいな物件に対して、事情を説明することはできるが、許可が下りるかどうかは不動産会社さんや大家さん次第という形になるってことですか?

 

そうですね。証明書を提示していただいた上で民間企業様にご検討頂く、という方法になるかと思います。

 

 

Q5、市役所の方に助太刀していただくことはできますか?

 

もし民間企業様から問い合わせ頂いた場合には、お二人の了承を得た後きちんと説明させていただきます。

 

但し、絶対的効力はないのでご説明させていただいた後民間企業様がどうお考えになるのか?というところまで強制はできませんのでご了承ください。

 

 

Q6、現在(2017年8月18日)でパートナーシップ宣誓制度を利用した方々は何組になりますか?

 

札幌市全体で27組となります。

 

 

Q7、相談に来られる方々がご心配されている(よく質問される)ことってどのようなことなんでしょうか?

 

ご心配される・・・となりますとやはり

「申請することでどこかに情報が漏れてしまうことはないんですか?」などですかね。

 

 

Q8、もちろん個人情報漏洩なんてないんですよね?

 

もちろん、絶対にありません

 

外部から「この方申請されてますか?」と問い合わせされることがあったとしても、基本的にはご本人様方のご了承がなければ受け答えしません。

 

 

Q9、ニュースで見る限り交付する際、第三者の立会人みたいな方が居たように見えたんですがこういう形式でやるのでしょうか?

 

基本的に対応して頂く職員は2名いまして、書類の記入などそういったことを対応させてもらっています。

 

そして公布日には男女共同参画課・課長が直接対応する形になりますので、男女共同参画課・課長とそれまで対応させていただいた職員が横に立ち会った場面のことだと思います。

 

Q10、あんまり形式張ってやるのはちょっとな・・・と思っているのですが?

 

そういった方も多くいらっしゃるので、今お話しさせていただいているこの場所でも大丈夫ですし、別室の個室をお取りすることもできるので、ご安心ください。

 

 

 

 

インタビューを終えて

いかがでしたでしょうか?

文頭でお話した通り、巷の噂に軍配が上がりましたね。

 

私たちも正直「こんな程度のことなのか・・・」と落胆しました。

 

ちなみに札幌市は10個の区があり、札幌市全体の人口は約196万人とされています。その内の27組、54人の男女が申請をしています。

 

パートナーシップ制度の代表・渋谷区では6組と噂で耳にしましたが、渋谷区の人口は約22万人です。

 

札幌市全体の人口を10区で割った時、ちょうど渋谷区と同じような人口の数になりますが、札幌市ですと1区当たり2.7組となりますので、思った以上に少ないのかな?と。

 

 

とはいえ、何より病院での効力には期待したいところです。

私たちのようにLGBTパートナー同士は万が一のことが起こった時、面会謝絶になるかもしれません。 そういう意味で神奈川・札幌どちらに住居をかまえたとしても懸念される点です。

 

もぐた30歳、嫁・ぷち28歳なので、まだまだ病院にお世話になる日は遠い・・・と思いたいところですが、何かと心配をしてしまうのは仕方ありません。

 

 

私たちはなるべくオープンに生きていくつもりなので、パートナーシップ宣誓制度を利用しても特に問題視する点はありませんが、クローズドの方々からしたらこの制度は利用しづらいだろうなっと率直な感想を持ったのも確かです。

 

 

 

LGBTブームではなく、早く同性婚が合法化されることを願う日々はまだまだ続きそうです。 

 

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございましたー!!

 

 

------------------------------------------------------

▼もぐぷち夫婦 Twitterアカウント

 

▼もぐぷち夫婦 インスタグラム

Instagram

 

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村