ストーカー被害の実態・元彼たちの反撃 結の編 【もぐぷち1年目】

f:id:mogupuchi_home:20170712114221j:plain

 

 

こんにちは!

ようこそ「尻に敷かれるLGBTの世界」へ。

筆者のもぐたです。

 

 

前回に引き続き、

結の編をお送りします。

 

▼前回の記事

www.lgbtjp.com

 

あれから4年が経ち、

普通の生活を取り戻したもぐぷち。

ですがその間に色んな対策をしてきました。

改めてそちらをご紹介します。

 

キーワードは

「ストーカー手口を逆手に取れ!!」

 

 

 

 

 

【ストーカー被害を受け、効果的だった防犯・対策法】

 

  1. SNSのアカウント名及びパスワードは早めに変更
  2. 不要なSNSアカウントは削除
  3. 携帯キャリアの変更
  4. 住居及び職場を変更
  5. 公正証書の発行
  6. こちらが監視に回れ

 

身の危険を感じるストーカー被害を受けたのは

初めてのもぐぷちでしたが

経験者である友人のアドバイスなどを受け

上記の対策をしました。

 

 

1.SNSのアカウント名及びパスワードは早めに変更、必要以上のタグ付けNG

被害に遭ってから動いたこちら。

鍵を付けていても意味がないインスタがあったりする以上

アカウントの個人情報漏洩は

防ごうにも防げない場合があります。

 

なので@◯◯の◯◯を●●に変更したり、

相手が覚えてそうなパスワードは

早めに変更しましょう。

 

 

そして、検索がかかりやすい

他の人が使用してる位置情報やタグ付けは

必要以上に付けないことをオススメします。

 

インターネットを駆使すれば

フルネーム、住所、家族構成くらいは

簡単にバレてしまいますよ。

 

▼元ストーカーだった方の本気

 

 

 

 

2.不要なSNSアカウントは削除

こちらも被害を受けて行ったものの一つ。

削除したのはmixiでした。

 

だいぶ過疎ってほとんどの人が利用してないといえど

登録アドレスが変わってない人もチラホラ。

そうなるとメッセージ送信を

しっかり受け取れてしまいます。

 

乗っ取られた後の被害の大きさを考えると

不要なSNSアカウントは削除するに限ります。

 

 

 

3.携帯キャリアの変更

防犯上、こちらもかなり効果的。

 

電話⇆電話のやりとりだと

番号の取得がかなり大変なので

違う番号から掛けれたとしても2、3個が限界でしょう。

なので電話番号を変えるのはそこまで重要ではありません。

 

 

肝心なのは、メールアドレス!

今時メールアドレスの取得は

何万個も生み出せるほど

サービスが充実しており

腐るほどあります。

 

 

ですが連絡手段として

LINEがメインになりつつある日本で

携帯電話でのメールやり取りは

ほとんど無くなりました。

(もちろん私用の話で、会社員は別)

 

 

それでも色んなアカウントに使用されるのはアドレス。

なのでそういうものの防犯対策として

変更(@〜)が効果的と言えるでしょう。

 

 

実際ぷちもキャリアを変えてから

彼からのメールは一切なくなりました。

 

 

f:id:mogupuchi_home:20170712113732j:plain

 

 

4.住居及び職場を変更

思い切って引っ越しして職も変えてしまいましょう。

私たちはたまたま付き合って1年経たない内に

同棲生活をスタートさせましたが

やはりこれは効果大でした!

 

更にぷちの職場選びは

電車通勤をしなくて良い所

を選びました。

万が一の備えとして、

ぷちの職場は徒歩圏内に。

 

 

彼の知らないエリアに住み

それを信頼関係がない人には公にしないこと。

 

 

インターネットを駆使しても

情報も無い・土地勘もないとなると

行方不明状態ですよね。

 

まさにこれが望ましい。

 

 

 

5.公正証書の発行

公正証書とは、行政書士さんに発行してもらえる

法的効力を持つ文書です。

 

 

一番利用しやすい機関として

市町村の公正役場に相談するのが良いでしょう。

 

内容は、

・和解書

・同意書

・示談書

などなど。

 

 

行政書士さんというプロの力を借りて

自分が相手に伝えたい内容の文書を作成します。

 

そして送る方法は、

郵便局のサービスである内容証明

これ一択です。

 

ザックリと説明しますと、

「こんな手紙もらってない!」

と嘘をつかれるのを防止するもの。

 

口約束でなく、

第三者が認めた内容の文書で

手紙の内容がどんなものだったか?

これを証明してくれる送付方法。

 

www.post.japanpost.jp

 

ここで心配なのが

 

相手が中身を見ずに捨ててしまったら??

 

 

大丈夫です!!

 

内容証明は郵便局に必ず2部持参しなくてはなりません。

その1部を郵便局が預かり管理します。

 

要は送付に使った郵便局で

証拠を保管してくれるサービスなんです。

 

 

ちゃんと送れてるか?

本人が受け取ったのか?

 

そういった心配もあると思いますので

簡易書留本人限定受取郵便

利用しましょう!

 

www.post.japanpost.jp

 

 

www.post.japanpost.jp

 

 

 

6.こちらが監視に回れ

付き合って長い期間が経ったカップルなら

お互いのパスワードを知ってる!

なんてことはザラにある。

 

そしてそれをまんまと悪用されて

今回の被害が起こりました。

 

 

で・す・が!

それを逆手にとってやりましょう!!!

 

 

パスワードを使用して乗っ取りまでしなくとも

・相手の好きだった芸能人のアカウント

・相手の趣味思考アカウント

・この人とは絶対繋がってるアカウント

 

 

そこから逆検索かけてしまえば良いんですw

 

 

きっと相手も私たちが見えないところで

コソコソやりたいのがストーカーの本音

 

 

ならば

コソコソ出来ないように監視しちゃいましょう♪

 

 

この結果、

私たちは未だにTwitter監視してますw

 

・彼が住む場所

・今誰と繋がっている

・おおよそのバイト先

・現状彼女がいるか、いないか

 

これくらいは情報として所持してます。

相手の動向が読めるようになると

少し安心できるのが本音。

 

見えない相手に怯えても仕方ありません。

だから少しでも相手の情報ゲットすると

必ず安心材料になります。

 

 

ですからやられるばかりではなく

こちらも同じ壇上に立てるよう

少しでも工夫してみてください!

 

 

 

【まとめ】

いかがでしたでしょうか??

 

悩める人の少しでも助けになったら良いなぁと

そんな想いで書いてみました。

 

 

 

あれから4年経ち

当時の殺伐とした時期を忘れてしまうほど

平凡に暮らしてます。

 

上記でやったこと、

知識になったこと全てが

無駄じゃないと思ってます。

 

女性である以上、

守らなくてはならない人がいる以上、

この位の知識は頭に置いといても良いでしょ

 

 

 

長くなりましたが、

元彼たちの反撃・ストーカー被害の実態 起承転結 

をお送りしました〜!

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございましたー!!!

 

 

 

 

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村